会長挨拶

平素は新宿区サッカー協会へのご参画、心より御礼申し上げます。

※令和3年4月1日より一般社団法人新宿区サッカー協会としてスタートを切りました。

4月現在、新型コロナウイルス感染症の影響にて、当協会も国・東京都・新宿区の状況を鑑み、屋内・屋外での活動を制限しております。皆様には大変ご迷惑をお掛けしておりますが1日でも早く、多くの活動が再開することを願っております。
改めて、新宿区サッカーファミリー・関係者皆様のご健康を心よりお祈りいたします。

本年にて新宿区サッカー協会も創設51年目を迎えました。
当協会は、5連盟2部1委員会より構成されており、約4,000名の選手が所属し、選手第一・プレイヤーズファーストの精神の元、日々のご研鑽の成果を存分に発揮いただける環境作りを目指しております。

昨今の東京都緊急事態宣言を受け止め、当協会も2021年に延期された東京オリンピック・パラリンピックの開催年2021年に50周年記念事業を華々しく開催したいと考えます。
メイン会場である新国立競技場は、ここ新宿区にあります。世界に名だたる国際都市である新宿でこのような大会が開催されることに、強い縁を感じております。

当協会は50周年記念事業に向けての準備が進んでおります。所属する選手・関係者が、夢を持てる事業を実施してまいります。新宿から世界一のサッカークラブを目指すJリーグクラブ構想がいよいよ具現化され、昨年11月に当協会代表チーム「クリアソン新宿」が新宿区と包括連携を結び、Jリーグ百年構想にエントリーも出来ました。夢を追い続けます。また新宿区の人口の約13%、4万人の外国籍の方を巻き込んでの新宿グローバル杯をはじめとする交流事業、障害者と当たり前に混じり合う社会の実現に向けたブラインドサッカー普及事業、フットサルで他世代・性別等に関係なく楽しむことができる大会の開催等、協会会員はもちろん、区民の皆様が豊かに楽しめる環境づくりを目指してまいります。

今後、私たちは新宿区内の地域との連携による・ひとづくり・まちづくりに寄与し、子供達始め多くの方々が夢を持つことのできる協会にしてまいります。

以上

新宿区サッカー協会会長
神田隆弘